脱毛前 自己処理
サロンで脱毛を行う場合には、より効果を得られるように事前に自己処理をしておかなければなりませんが、この処理は基本的に2日前から前日までに済ませておくのがベストです。

1週間以上前となるとせっかく処理した毛がまた伸びてきてしまうことがありますし、当日だとケアをする部分の負担が大きく、肌トラブルを起こしてしまうリスクが高まります。

処理した毛が伸びてきてしまわず、かつ自己処理による肌の負担が当日のケアまでに治まるようにすることを考えると、2日前から前日までに行っておくのがベストです。

またこの期間中に行う場合にも極力肌に負担がかからないように、丁寧に処理を行うことを忘れてはいけません。

脱毛前のムダ毛の自己処理の方法ですが、これはカットするのが一番安心です。

剃る、抜くというケアは肌に欠ける負担が大きく、特に前日などに行うとケアする時になってもこの負担が治まらないというようなことになってきます。

剃る、抜くといったケアは肌に負担をかけるだけでなく傷をつけてしまったり、細菌感染を起こすリスクも含んでいます。

こういった状態でサロンへ行きケアを受けると、大変な肌トラブルを起こしてしまうリスクが高まりますし、またエステティシャンの判断によってはケアを断られてしまうこともあります。

肌を労わらない自己処理をしたためにムダ毛ケアが進まないとなってしまえば、これはがっかりですから、そういったことが無いようにするためにも抜く、剃るといった方法は避け、一番安全なカットを選択した方が良いのです。

カットで自己処理をする場合も、ハサミを利用すると肌を傷つけてしまうおそれがありますから、専用のシェーバーを利用するようにしましょう。

これを使えば肌を傷つけることなく、きれいにムダ毛をカットすることができます。

ワキやアンダーヘアなどは短くカットすることでチクチクしてしまうことがありますが、こういった問題を解決するためには、刃ではなく熱でムダ毛を焼き切るタイプのシェーバーを利用するのがおすすめです。

ムダ毛の切り口が丸くなるので短い毛でもチクチク感じることは無く、ケア当日までストレスなく過ごすことができます。

脱毛前の自己処理の仕方については、受けるケアの内容によってベストな選択が違ってくるため、どうしたら良いかをサロンに確認しておくことも大切です。

自己判断で処理をしてしまうとケアを受けられない、効果が下がってしまうといったことも出てきますから、そういったことの無いようあらかじめよく相談をしておきましょう。