顔脱毛 ニキビ
人から一番見られることが多いのは、顔ではないでしょうか。

女性は男性と比べると、ひげの濃さは薄いですが、顔にもたくさんのうぶ毛があります。

顔のムダ毛処理は毎日のことですから、最近ではわき毛脱毛に続いて、顔の脱毛をする方が増えています。

そこで顔脱毛をしたいけれど、ニキビ跡があるから心配という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ニキビ跡があると、顔脱毛の施術はできるのでしょうか。

ほとんどの場合、できます。

光脱毛は、黒い色素に反応して光が当てられます。

ニキビ跡のような薄い色には、強く反応しません。

しかも、顔脱毛は足や腕などに比べると、弱い周波数の光が当てられます。

ですから、施術の時に炎症が起きていない限り、顔脱毛は可能です。

サロンによっては「ハイパースキン脱毛法」を扱っています。

この方法は、特殊な光を当てることで発毛を抑制します。

色素に反応して当てる方法とは違うので、ニキビ跡があっても安心して施術が受けられます。

また、ハイパースキン脱毛法は、皮膚のコラーゲンの生成を促します。

さらに、細胞を活性化させ、肌の代謝を促すことができるため、脱毛と一緒にニキビ跡を消すこともできる方法として注目されています。

しかし、施術の時にニキビができてしまった時は、状態によって、その部分に光を当てることはできません。

無理に行うとニキビがさらに悪化したり、ニキビが治った跡がシミになってしまったり、肌の状態がさらに悪くなってしまうことがあります。

ニキビの症状や範囲があまりにも多い場合、予約をとって、待ちに待った施術の日、まずニキビを治すのが先で当日は施術が行えないと判断されることがあります。

そのような場合の対応についても、契約をする前にしっかり確認しておきましょう。

たくさんのニキビができていたり、化膿している時は施術が行えませんが、ニキビの程度によっては、脱毛することによってニキビの治りが早くなったり、ニキビの跡を残さないようにすることもできます。

それはなぜかというと、脱毛がニキビの原因の元を解決するからです。

そもそもニキビは、開いてしまった毛穴に皮脂が詰まることによってできるものです。

その毛穴が開いてしまう原因の1つにムダ毛があります。

脱毛すると毛穴が引き締まり、皮脂や汚れが入り込むのを防ぐことができます。

正しい方法で、ふさわしい時に行われる脱毛は、ニキビや吹き出物など、お肌のトラブルの根本的な解決に役立ちます。