ストラッシュで永久脱毛?【自己処理を不要にする方法】



『ストラッシュで永久脱毛したいんだけどどうなんだろ?』


ムダ毛処理があまりにも面倒だと、永久脱毛でツルツルにしたくなりますよね?
中でもネットでよく見かけるストラッシュが気になっている方も多いんじゃないでしょうか?

でも実は、「永久脱毛」って私たちが持っているイメージとは随分違うんです。
そして、ストラッシュでは永久脱毛が法的に認められていません。

ですが、ストラッシュでもムダ毛のないツルツルな肌にはできます。



永久脱毛に「一生ムダ毛が生えてこない」イメージを持っている女性がかなり多いようですが、まずは正しい意味を確認しておきましょう。

最初の一歩が決定的に違うと、ゴールには決して辿り着けないからです。
つまり、「当サロンで永久脱毛はできません」と断られ続けたり、「永久脱毛できるって説明されたのにムダ毛がまだ残ってる」なんて状況が延々と続いてしまいます。



そもそも永久脱毛って何なんでしょうか?

自己処理を不要にする方法なんてあるんでしょうか?



永久脱毛の正しい意味

「永久脱毛」の定義は、実は日本には存在しません。
元になっているのは、米国電気脱毛協会(American Electrology Association)による定義です。



最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法



つまり永久脱毛とは、約80%のムダ毛がなくなっている状態という意味なんです。
そして、ムダ毛が残る可能性も示唆しています。

したがって、『一生ムダ毛が生えてこない状態』は、あくまでも私たちの希望であり勝手なイメージに過ぎなかったんです。

そして、日本で受けられる永久脱毛といえば、「レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」の2つです。
永久脱毛という表現が許されているのは、基本的には医療行為であるレーザー脱毛ができる美容外科や美容皮膚科などのクリニックに限られます。

ただしどういうわけなのか、医療機関ではないサロンでも「ニードル脱毛」が行われています。法的にはグレーゾーンのようで、黙認されているのが現状のようです。
ニードル脱毛はひとつひとつの毛穴に針を刺して電気を流すので、「激痛」で「高額」です。
局所向きで広範囲には不向きでもあるので、ここでは除外して考えて問題ありません。


POINT!ストラッシュだけでなく、「ミュゼプラチナム」「キレイモ」「銀座カラー」「脱毛ラボ」など他のどの脱毛サロンでも、医療行為である永久脱毛はできません。
サロンの脱毛マシンは、安全性のために出力が低く制限されています。
そのため毛根の破壊ができず、正確には減毛や抑毛となります。
ちなみに、「家庭用脱毛器」「ブラジリアンワックス」「パイナップル豆乳ローション」「除毛クリーム」でも、永久脱毛はできません。

しかも、「クリニックでの永久脱毛」でさえ、通わなくなって数年経つとムダ毛はまた生えてきます。



永久脱毛でもまた生えてくる可能性については、実はあまり言及されていません。
ですが中には注意事項として、ホームページにしっかり掲載している美容外科・美容皮膚科・クリニックもあります。



いかがですか?
ストラッシュで「永久脱毛したいんです」って言っても、断られます。
クリニックで永久脱毛しても、ムダ毛は残る可能性がありますし、また生えてくる可能性だってあります。

でもだからといって、ムダ毛がないツルツルな状態にする方法がないわけではありません。

自己処理から完全に解放されるのは無理なの?

煩わしい自己処理から完全に解放される「永久脱毛」はただの幻想にすぎませんでした。
でも、だからといって自己処理がいらない肌をゲットできないってワケではありません。

例えば、クリニックのレーザーでもサロンでの光脱毛でも、回数を重ねれば効果があることは多くの方が経験しています。

1回の施術で完璧な効果は得られなくても、何回かお手入れすることで自己処理のいらない理想のツルツルの状態に近づけられます。

脱毛サロンの回数と効果の目安を紹介します。

6回
約40%のムダ毛の脱毛が完了します。
毛量が減ったことを実感することはできますが、まだ自己処理は必要なレベルです。

12回
約80%のムダ毛の脱毛が完了します。
自己処理はほぼ不要になります。
時々部分的に生えてくることがある程度。

18回
約90%のムダ毛の脱毛が完了します。
自己処理の必要性はほとんどなくなります。

医療機関ではないサロンが「永久脱毛」を謳う事はできませんが、永久脱毛の定義と回数と効果の目安を照らし合わせれば、理論的には12回脱毛すれば永久脱毛と同等の効果が得られるのが分かります。

脱毛サロンでの施術でも、自己処理がいらない肌はゲットできるんです!

自己処理がいらない肌までの見積もり料金

サロンでも自己処理がいらない肌がゲットできるとはいっても、12回のお手入れで満足できる効果が得られるかどうかは別問題です。

数年間は自己処理がいらない状態が続いたとしても、その後ムダ毛はまた生えてくるという事実があるからです。

脱毛の効果はどのくらいもつのかについて、調査結果があります。

ムダ毛 また生える 画像

脱毛経験者へのアンケート調査によれば、2年以内に効果がなくなったと実感している女性は36%、5年以内では62%になります。
その結果、43%の女性は2店舗以上での契約を経験しています。

全身脱毛を1度完了させ数年後にまた契約することで、脱毛にかかる費用の総額は平均で64万円を超えています。
自己処理がいらない肌をキープするためには64万円の自己投資が必要になることは、覚悟しておくべきなのです。

永久脱毛はできないけどストラッシュなら希望が叶う

自己処理がいらない肌をゲットするためには、64万円必要という見積もりが出ました。
一括払いするワケではないですが、ムダ毛のないつるつるした肌を諦めてしまいかねない大金です。
ただ、ここまで金額が大きく割高になるのは、契約を繰り返すことが原因です。

サロンでも施術を受け続けてさえいれば効果は持続するので、回数はなるべく長い方がおすすめです。
ストラッシュには12回や18回など回数の長いパックプランも用意されていますが、無制限コースも選択できます。
5年間限定で延長不可ですが支払総額には上限があって、期間内なら最大で35回施術を受けられます。

コスパを考えれば、無制限コースの方がかなりお得です。
18回パックプランの料金は262,440円で、無制限コースの料金は369,800円です。
差額は107,360円ですが、回数に換算すると17回分に相当します。

18回の効果は約90%のムダ毛を処理できて自己処理も不要になりますが、確実ではありません。
18回でも効果に満足できない可能性を考えると、無制限コースの方がより自己処理不要の肌が現実味を帯びます。
それに無制限コースなら、ムダ毛がまた生えてきたからといって、再契約や追加料金を支払うリスクも抑えられます。

更にストラッシュには、最大6万円以上割引のリベンジ割(いわゆる乗り換え割)や学生割引もあります。
無制限コースなら最大限の30%の割引が適用されて、約11万も安くなります。


<ストラッシュで自己処理不要の美肌に!>
※4年連続!医療関係者が選ぶNo.1脱毛サロン

ストラッシュと医療レーザー脱毛の比較

永久脱毛ができないストラッシュでも自己処理不要の肌がゲットできるなら、より効果の高い医療レーザー脱毛で回数を増やした方が早くて安いんじゃないかと、思われるかもしれません。

そこでここでは、ストラッシュと医療レーザー脱毛の比較をしてみたいと思います。


自己処理不要にするまでの比較

必要な回数 所要期間 料金 施術時間 痛み
ストラッシュ 18回 18ヶ月 262,440円 60分 ほぼなし
アリシアクリニック 5回 8ヶ月 303,000円 90分 痛い
リゼクリニック 5回 14ヶ月 398,000円 225分 痛い
湘南美容クリニック 6回 18ヶ月 348,000円 240分 痛い

■ストラッシュと医療レーザー脱毛の比較

1.自己処理不要にするまでに必要な回数
ストラッシュで自己処理不要にするまでには18回の施術が必要です。
医療レーザー脱毛なら最低5回ですが、追加が必要になるかもしれません。

2.完了するまでの期間
ストラッシュでは、1ヶ月に1度の施術でも効果が期待できます。
18回の施術にかかる期間は、月イチペースで18ヶ月です。
回数不足に備えての無制限コースなら有効期限は5年間ですが、満足できる効果は途中で得られているはずです。
医療レーザー脱毛の通うペースはクリニックによっても違いますが、5回で1年以上かかります。
ストラッシュの方が医療レーザー脱毛より、若干早く終わりそうです。

3.自己処理不要までにかかる費用
ストラッシュの全身18回の料金は262,440円で、無制限コースでも369,800円です。
クリニックの中では安いと言われているアリシアクリニックは、顔もVIOも込みの5回で303,000円、脱毛し放題では606,000円です。
ストラッシュの方が医療レーザー脱毛より、費用は安く済みます。

4.施術時間
ストラッシュでは、1回約60分の施術で全身1回が完了します。
対する医療レーザー脱毛では、1回あたりの施術時間は4時間近くかかるなど、とても時間がかかります。
レーザー脱毛は、広範囲への施術が苦手だからです。
というのも、レーザー脱毛は一点集中という性質があるため、マシンの照射ヘッドが小さくなっているからです。
そのため、1回の施術で全身1回が完了することはないのが普通で、全身を分割して施術を進めていきます。

5.痛みの大きさについて
ストラッシュではSHR方式で施術を行いますが、別名「蓄熱式脱毛」とも呼ばれています。
熱のダメージを一度に与えるのではなく、徐々に熱を蓄えることでダメージを与えます。
ちなみに、痛みの原因である熱は約50℃と低温なので、ほとんど痛くありません。
参考までに、レーザーでは約200℃、その他の光脱毛でも約80℃に達します。
医療脱毛での高出力で毛根を焼くことで生じる痛みには、耐えられないという方もいらっしゃいます。



レーザー脱毛の方が少ない回数で自己処理不要の肌をゲットできますが、実は障害となる要因が2つあります。
それが、「産毛」と「日焼けした肌」です。

レーザ-脱毛ではメラニン色素に依存しているので、色素の薄い産毛には効果が落ちます。
そのため、5回程度では産毛まで充分な効果が発揮できず、回数の追加が必要になるかもしれません。

また、日焼けした肌や色黒の肌、ホクロなどはメラニン色素が多い状態です。
レーザー脱毛はメラニン色素に反応するので、施術を断られてしまうかもしれません。
そうなれば、完了までの期間が延びてしまいます。

ですが、ストラッシュはレーザー脱毛などの従来の施術方法とは根本から仕組みが違う「SHR方式」を採用しています。

ストラッシュのSHR方式ならメラニン色素には依存していないので、産毛にも効果は落ちませんし、日焼けした肌や色黒の肌でも施術を受けられます。


<SHR方式はレーザー脱毛の弱点を克服!>
※4年連続!医療関係者が選ぶNo.1脱毛サロン



また、こうした毛質や肌質に関係なく確実に効果を発揮できるのが、ニードル脱毛です。
毛穴に1本1本針を刺して電気を流す脱毛方法ですが、痛みは最上級な上に広範囲の施術には不向きです。
局所的なお手入れの選択肢としてならアリですが、料金は非常に高額です。

希望する効果を重視するならストラッシュ

永久脱毛を希望する女性は多いですが、一通りの施術で一生ムダ毛が生えてこなくなる永久脱毛なんて存在しないことは、ここまでに紹介してきた通りです。

サロンで18回もお手入れすれば約9割のムダ毛の処理はできるとされていますが、あくまでも目安に過ぎません。
自己処理不要のムダ毛のないキレイな肌をいつまでもキープしたければ、結局はなるべく多い回数での契約が最善の方法というのが結論です。

でも、長く通い続けるためには2つのハードルがあります。
「痛み」と「料金」です。

施術の際の痛みがストレスになっては、いつまでも通い続けることはできません。
ストラッシュでは従来の「毛根を破壊する」方法ではないので、痛みを感じることはほぼありません。
なぜなら、痛みの原因である温度が約50℃と低く、毛根ではなく周辺の毛包を徐々に温める蓄熱式だからです。
ちなみに施術時の温度は、クリニックが約200℃、他社サロンでは約80℃です。
ストラッシュでは施術中は温かく感じる程度なので、心地よく施術を受けられます。

ストラッシュ 痛くない 画像



料金に関しても心配はいりません。
ストラッシュの無制限コースでは支払い総額に上限がありますので、それ以上の出費は不要です。
また、回数が進んでいけば通う頻度も減らせるので、時間的な余裕もできます。
ムダ毛が気にならなくなる頃には、通い始めの頃と同じペースで通う必要はなくなっているはずです。
そのため、19回目以降は3ヶ月に1度のペースでお手入れすれば大丈夫です。


まとめ

『ストラッシュで永久脱毛したいんだけどどうなんだろ?』という疑問から自己処理を不要にする方法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

「永久脱毛でも一生生えてこないわけではない」という事実に関しては、ショックを受けた方も多いかもしれません。
最後に、改めてここでまとめておきます。

  1. ストラッシュで永久脱毛はできない
  2. 回数が多ければ自己処理不要は可能
  3. ストラッシュは料金が安い
  4. ストラッシュはレーザー脱毛の弱点を克服
  5. ストラッシュは痛くないので継続しやすい

レーザー脱毛はストラッシュと同じくらいの期間でも、少ない回数で自己処理不要の肌をゲットできます。
ただし、高額な費用と大きな痛みという代償が必要です。

一方のストラッシュでも、自己処理不要の肌はゲットできます。
ただし、レーザー脱毛よりも多い回数が必要です。
その代わり、支払総額は安くて痛みはほぼありません。
自己処理不要になるまで脱毛したいなら、ストラッシュの方がハードルは低そうです。


<ストラッシュなら自己処理不要も可に!>
※4年連続!医療関係者が選ぶNo.1脱毛サロン