自己処理 デメリット
自己処理でムダ毛の脱毛を行う場合、きちんと必要な手入れを行わないと肌トラブルを引き起こすリスクが出てきます。

刺激による肌荒れや毛穴からの細菌感染など、肌が赤く腫れたり毛穴が膿んだりする恐れがあるため、こういったことに充分注意してケアを行わなければなりません。

サロンで処理をしてもらう場合は最小限の刺激、処理後のクールダウンまでしっかり気を遣ってもらえるので、ケア後の仕上がりの美しさなども大きく違いが出てきます。

自己処理のデメリットにおいては、この点について一番気を遣っていかなければなりません。

また、自己処理で脱毛を行う場合、毛抜き、脱毛器などを使用することになりますが、これらの使い方によっては色素沈着で肌が黒ずんでしまうといったデメリットも出てきます。

少しでもきれいに処理しようと強く肌に当てれば、これがメラニン細胞を刺激しメラニン色素が発生しますから、自己処理はこういった点についても注意が必要です。

特に、毛抜きを利用する場合は皮膚も一緒につまんでしまうことが多いため、色素沈着には充分気をつけなければなりません。

サロンでのケアに比べて、自己処理は抜き残しが出たり、ケアに時間がかかるといったデメリットも出てきます。

特に脇の下や見えない部分についての処理は難しく、時間がかかれば肌への負担もそれだけ大きくなりますし、肌荒れ、色素沈着などのリスクも高まってきてしまいます。

脱毛はいかに刺激を与えず手早く済ませるかが大切なので、そう考えると自分で脱毛を行うのは肌に非常に大きな負担をかけてしまうことになり、デメリットはとても大きいと言えるでしょう。

毛のサイクルよりも皮膚のサイクルの方が早いため、自己処理で脱毛を行うとその刺激によりこのサイクルを崩してしまうことになります。

そうすると、毛穴が塞がってしまい、毛が皮膚の下で再生するという、埋没毛の状態が起こります。

皮膚の下で毛が生えてしまうとなると、これは皮膚表面を剥さなければムダ毛を取り除くことができません。

そうなればやはり肌を傷つけて肌荒れ、色素沈着などの問題がでてきますから、美しい仕上がりに処理することは難しくなってきます。

肌が弱い人や黒ずみになりやすい人にとっては、自己処理によるムダ毛のケアは様々なデメリットが伴いますから、こういった点をきちんと踏まえて、より適切なケアの仕方を考えることが必要です。

サロンやクリニックでケアをした方が安全できれいな仕上がりになることが多いですから、どうすべきかはよく考えるようにしましょう。