デリケートゾーン 白髪
髪の毛の次に白髪が生えやすい場所はどこでしょうか?

それは、デリケートゾーンです。

普段なかなか意識してみていない場所かもしれませんが、知らず知らずのうちに生えているものです。

実際、デリケートゾーンの脱毛を始めたけれど、よく見たら白い毛だけが残っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

白髪は、一般的な光脱毛方法で行うことができません。

なぜなら、一般的な方法は、黒い色素に反応し、その部分に光が当てられることで効果が得られる仕組みになっているからです。

つまり、黒い毛には反応しますが、黒い色素がなくなった白い毛には残念ながら反応しないのです。

では、白髪が生えてくる度に、自分で抜くしかないのでしょうか?現在、2つの方法があります。

「ニードル脱毛」と「ダイオードレーザー」です。

「ニードル脱毛」は、超極細の針を抜きたい毛の毛穴に直接差し込んで、その針から電気を流し、毛根を破壊する方法です。

細い毛、太い毛、黒い毛、色が薄いうぶ毛など、どんな毛の種類にも対応できます。

色素に反応して当てられる光脱毛方法とは違い、1本1本の毛を処理していきますので、日焼けした黒い肌の方も安心して利用できます。

ニードル脱毛のメリットは、1本1本の白髪を丁寧につまんで、確実に毛根から抜いていきますから、効果もすぐに実感でき、一度処理した毛穴から、再び白髪が生えてくるということもありません。

デメリットは、痛みがあることです。

また、広範囲を一気に施術することができないので、時間がかかります。

数本だけの処理に適していると言えるかもしれません。

一方、「ダイオードレーザー」とは、医療レーザー脱毛機器のことです。

このレーザーは、毛根を包んでいる毛包に対して、光をあてて、毛を作り出す毛包を破壊して、毛を再生させないようにします。

ダイオードレーザーのメリットは、広い範囲に光をあてられるので、全体を脱毛したい時に短い時間で行うことができます。

また、ニードル法と同じように黒い色にだけ反応する方法ではないので、毛の種類や肌の色に関係なく施術ができます。

そして痛みも少ない方法です。

個人差はありますが、温かいと感じる程度です。

しかし、Iラインなど、粘膜に近い部分は痛みを感じることもあるようです。

デリケートゾーンは、特に痛みを感じやすい部分です。それぞれの施術の特徴、メリット、デメリットを考えて、自分に合った処理をしましょう。