全身脱毛 色黒
全身脱毛に通いたくても、色黒だと施術を断られてしまうサロンが多いのをご存知でしょうか。

実際に色黒が原因で全身脱毛を断られた経験がある女性もいらっしゃいますが、その理由は脱毛方式にあります。

現在主流の脱毛方式(IPL方式・SSC方式)は黒い色素に高熱でダメージを与えるので、色黒の肌に照射するとやけどのリスクが非常に高くなるからなんです。

色黒だと全身脱毛できないサロン
サロン名 施術方式 ダメージを与える場所 色黒の肌への施術
キレイモ IPL方式 黒い色 ×
銀座カラー IPL方式 黒い色 ×
シースリー IPL方式 黒い色 ×
脱毛ラボ SSC方式 黒い色 ×
ミュゼ SSC方式 黒い色 ×
湘南美容外科 アレキサンドライト 黒い色 ×

つまり、日焼けや地黒や黒人の方などの色黒の方は、大手人気サロンでは全身脱毛できないってことになります。

ちなみに、サロンの光脱毛だけでなく、クリニックのレーザー脱毛でも同じ仕組みの機種がよく使われています。

では色黒の方は全身脱毛ができないのかと言うと、決してそんなことはありません。

次の記事では、色黒の方でも全身脱毛できるサロンやクリニックを紹介します。


色黒でも全身脱毛できるサロンやクリニック

色黒でも全身脱毛できるサロンやクリニックに共通しているのは、黒い色素に高熱のダメージを与えない方法を採用している点です。

サロンでは【SHR(スーパーヘアリムーバル)方式】【ハイパースキン脱毛】があります。

クリニックでは【メディオスター NeXT Pro】【ジェントルYAG】という機種が該当します。

クリニックでは複数の機械を導入している場合があるので、使用機種の確認が重要です。

色黒でも全身脱毛できるサロン
サロン名 施術方式 ダメージを与える場所 色黒の肌への施術
ストラッシュ SHR方式 毛包
ラココ SHR方式 毛包
ディオーネ ハイパースキン脱毛 休止期の毛根
リゼクリニック メディオスター NeXT Pro
ジェントルYAG
バルジ領域
アリシアクリニック メディオスター NeXT Pro バルジ領域

ただ注意したいのは、いずれも店舗数が少ないという点です。出店していない地域があるのも事実ですが、一方で全国展開を進めているサロンもあるので、今後の新規出店にも充分期待できます。

サロン名 店舗数 出店地域 新規出店
ストラッシュ 12

ラココ 31

ディオーネ 120

×
リゼクリニック 19

アリシアクリニック 10

×

ストラッシュ

ストラッシュ(STLASSH) 画像
ストラッシュは都心部を中心に出店していて、全国展開にも積極的です。

2018年8月現在では17店舗と拡大していますが、同じSHR方式を採用しているラココの32店舗にはまだ、大きく差をつけられています。

半年で全身脱毛6回が完了し、料金は95,760円です。パックプランならシェービング代は無料です。

ラココと比較すると、ストラッシュの方が人気があるようです。

→ ストラッシュとラココの比較

ラココ

ラココ 画像
ラココは郊外や地方にも出店しているのが大きな特徴です。

全国展開にも積極的で、今後SHR方式の知名度が全国的に上がっていくきっかけになりえるサロンです。

半年で5回の全身脱毛が完了し、顔とVIO込なら69,000円、なしなら49,000円と破格の料金も魅力です。

ディオーネ

ディオーネは120店舗と脱毛業界でも2番目の店舗数なので、通える方が多いのはありがたいですが、高額な費用が最大のネックです。

全身脱毛6回の料金は210,000円なので、ストラッシュやラココとは比較にならないレベルです。

付け加えるなら、SHR方式はすでに生えているムダ毛にも効果を発揮できますが、ハイパースキン脱毛は生えている毛には効果がありません。

お住まいの地域にストラッシュもラココもないならまだしも、3社を比較して色黒な方がわざわざ高額なディオーネを選択する理由は、残念ながら見当たりません。

リゼクリニック

リゼクリニック 画像
リゼクリニックは全国に19院と、クリニックとしては多いです。

全身脱毛5回の料金は、顔もVIOも込みで397,000円で、完了予定時期は24ヶ月後です。

SHR方式と比較すると、費用と通う期間で大きく上回ってしまいます。

アリシアクリニック

アリシアクリニック 画像
アリシアクリニックは全国に10院と、クリニックとしては多いと言えます。

全身脱毛5回の料金は、顔もVIOも込みで347,140円で、完了予定時期は21ヶ月後です。

医療脱毛の方が効果は高くても、短い期間で終わるわけではないんです。