バルジ領域
「サロンで脱毛したのにまたムダ毛が生えてきた」、「永久脱毛ってもう二度と生えてこないということだと思っていた」など、サロンでの脱毛経験者の中には、こんなふうに思っている人が少なくありません。「全身脱毛」「永久脱毛」と聞くと、一度脱毛すればもう二度と生えてこないという意味だと思っている人が多いようですが、実はそうではありません。脱毛しても、また生えてくることがあります。それは脱毛の方法に関係しているのです。

2000年に「バルジ領域」という毛の細胞の一種が発見されました。バルジ領域とは、簡単にいうと毛の生成に関わる重要な部分です。毛は毛乳頭が毛細血管から栄養や酸素を取り入れて毛母細胞へ届け、毛母細胞が細胞分裂することで毛が伸びます。毛乳頭と毛母細胞は、毛球という毛の根元の膨らんだ部分の中にあります。ですから、これまでの脱毛法は毛球にレーザーをあてて働きかけるものでした。

ところが、毛の生成にかかわるバルジ領域は毛球よりも上にあります。そして、バルジ領域では、発毛にかかわる発毛因子が作られているのです。つまり、バルジ領域とは、毛の種を生成する部分だと考えることができます。毛球の中の毛乳頭や毛母細胞を破壊しても、毛の種を作るバジル領域が破壊されなければ、毛の生成はストップしないのです。

毛は一定のサイクルで抜けたり生えたりを繰り返します。休止期を終えると毛は成長期に入り、皮膚の表面に出てきます。やがて退行期になり毛乳頭から離れて休止期に抜け落ちます。休止期から成長期に移行して次の毛が生えてくる際、バルジ領域から発毛因子を発生させる指令が出て、発毛因子が毛乳頭に働きかけます。そして細胞分裂を繰り返し、やがて毛が生えてくるのです。

つまり、バルジ領域からの指令がでなければ発毛因子は発生せず、毛が生えてくることはないのです。毛乳頭と毛母細胞があっても関係ありません。すべてはバルジ領域の働きなのです。
バルジ領域に働きかける脱毛を選びたいなら、SHR方式のストラッシュがおすすめです。
バルジ領域を破壊する脱毛器の開発がどんどん進んでいます。この新しい脱毛器を採用している美容クリニックは年々増え続けています。現在の技術では、まだバルジ領域のみに働きかける脱毛器は開発されておらず、毛母細胞へレーザーを照射しながらバルジ領域も破壊する手法をとっていますが、いずれ、完全にバルジ領域のみを破壊できる機械ができれば、全く痛みがなく、しかも毛の周期も全く関係なくいつでも脱毛できるようになるでしょう。そう遠くない将来脱毛方法は大きく変わることでしょう。