全身脱毛 ほくろ
『全身脱毛でほくろがあるけど火傷しないの?』と心配な方もいらっしゃるかもしれません。

現在主流の脱毛方式では黒いメラニン色素に反応させ、高温の熱によるダメージを与えているので、メラニン色素の集合体ともいえるほくろが火傷しないかと心配するのはもっともです。

全身脱毛の際のほくろへの対応は、クリニックやサロンでは違います。

また、最近では黒い色素に依存しない新しい脱毛方式を採用しているサロンも登場し、ほくろがあっても安全に全身脱毛ができるようになっています。


<ほくろがあっても脱毛できるストラッシュ!>
※メラニン色素に反応させないSHR方式

全身脱毛の際のほくろへの対応

全身脱毛を受ける時に火傷のリスクが気になるほくろですが、ほくろがあるからといって全身脱毛できないわけではなく、私たちが特別に何か対策を取らなければいけない、ということもありません。

クリニックやサロンのほくろへの対応を知っておくことで、ほくろがあっても安心して全身脱毛を受けられます。

医療レーザー脱毛のほくろへの対応

美容外科クリニックのレーザー脱毛の場合にはほくろの色や大きさにもよりますが、1cm未満の場合ならそのまま直接照射することが多いようです。

色が薄いほくろなら火傷のリスクは低いとされていますし、脱毛しながら消えてなくなることもあります。

そもそもほくろ除去を行っているクリニックは多いですし、ほくろ除去で使われる機械と脱毛で使われる機械は「アレキサンドライトレーザー」という同じ機械だったりします。

ちなみにレーザー脱毛機は元々、シミやそばかすの解消のための機械を改良されたといいます。

仮にほくろが1cm以上の場合や色の濃いほくろだった場合は、保護シールを貼ってレーザーが当たらないようにして脱毛の施術を行います。

レーザー脱毛の全身脱毛で、ほくろがやけどする心配はなさそうです。

光脱毛のほくろへの対応

光脱毛を行う脱毛サロンでのほくろへの対応は、どこも基本的には『ほくろには保護シールを貼る』という対応が大半で、程度によってはほくろを避けて照射するという対応をしているところもあります。

いずれにしても、ほくろがあっても火傷の心配をすることなく安心して全身脱毛を受けられます。

クリニックのようにそのまま照射されることは基本的にありませんし、脱毛しながらほくろが消えてなくなることもありません。

ただ、ほくろに保護シールを貼ってカバーするかどうかの大きさや色の濃さの判断は、エステティシャンによって多少のバラつきがあります。

人の手によって行われるものですから、貼り忘れや回避ミスも起こる可能性があります。

もしも誤ってほくろに照射されてしまったら、鋭い痛みや赤みが続くなどのトラブルになってしまいます。

ほくろがあっても安心して全身脱毛できる対策は取られていますが、リスクがゼロになるわけではありません。

ほくろにはしっかり保護シールを貼ってもらいたいものです。

高出力のクリニックでは照射し低出力のサロンでは保護する理由

クリニックとサロンのほくろへの対応を紹介しましたが、納得できない部分があったかもしれません。

それは、「出力の高い医療レーザー脱毛では照射するのに、出力の低い光脱毛ではなぜ保護シールを貼るのか」という点です。

この疑問に対する答えは「医療機関かどうか」というのがポイントです。

クリニックでは脱毛だけでなくほくろ除去もやっていることが大半ですし、医師や看護師による施術なので火傷のリスクへの対応や、万が一の場合の処置も素早く適切にできます。

一方の脱毛サロンは医療機関ではありませんし、ほくろ除去なんて専門外です。

ドクターサポートが完備されているサロンの場合でも、医師や看護師は在籍していませんし施術も行いません。

脱毛サロンでは火傷のリスクを完全に排除するために、小さなほくろにも保護シールが貼られるわけです。

ほくろが多いと施術範囲が狭まる?


脱毛サロンでほくろに保護シールを貼ってもらえればトラブルの心配もなく安心して全身脱毛を受けられますが、その一方でそのほくろの周りには照射されないので、脱毛効果がまったく得られないというジレンマも生まれます。

ほくろは確実に保護してもらいたいですが、脱毛効果がなくなる部分が増えるのも困りものです。

極端な話、ほくろが多ければ脱毛サロンではその分施術範囲が狭まります。

となれば、そんな方はクリニックでのレーザー脱毛しか選択肢がないのかというと、そんなことはありません。

それが、黒い色素に依存しない「SHR脱毛」のストラッシュや「ハイパースキン脱毛」のディオーネという脱毛サロンです。

ただ、費用を考えるとディオーネは高すぎるので、リーズナブルなストラッシュの方がおすすめです。


<ほくろがあっても脱毛できるストラッシュ!>
※メラニン色素に反応させないSHR方式

ストラッシュならほくろを気にせず全身脱毛できるワケ

ストラッシュ 脱毛 効果 画像
ほくろの数や大きさなどはそれぞれですが、ほくろがあってもまったく関係なく安全に脱毛できる最新理論の脱毛方式があります。

それが、ストラッシュのSHR脱毛です。

従来の脱毛方法では、「黒いメラニン色素」に反応させているので、ほくろにも反応してやけどなどの肌トラブルを招く恐れがあります。

ですが、ストラッシュのSHR脱毛は黒い色素に目がけて光と熱を照射しないので、ほくろの部分が火傷することはありません。

シミや色素沈着した部位でも安心して安全な全身脱毛が可能です。

不安な方は一度、無料カウンセリングで相談してみてください。

また、現在主流の脱毛方法は黒い色素に脱毛効果も左右されます。

例えば、「毛周期に合わせなければいけない」「産毛には効果が薄い」「日焼けした肌や色黒の肌には効果がない」などです。

でもストラッシュのSHR脱毛なら、これらすべての問題をクリアしています。

肝心なストラッシュのSHR脱毛で効果が得られる仕組みですが、毛を包む毛包という部位に目がけて光と熱を照射しています。

ストラッシュ SHR脱毛 画像

毛包は、毛が生える原因となる発毛因子が生成される部位でもあるので、毛が生えるのを事前に抑える効果が期待できます。

また、毛包の中には毛根もありますから、これまでの脱毛方法と同じように毛根にダメージを与えて成長を阻害する効果も期待できます。

熱でダメージを与える事に違いはありませんが、IPL脱毛やSSC脱毛の約80℃に対し、ストラッシュのSHR脱毛では約50℃と低温なので、痛みを感じることもほとんどありません。

低刺激なので、ニキビ・敏感肌にも対応できます。

現状の脱毛方法では一番痛くない脱毛方法でもあります。

ストラッシュ 痛くない 画像

ストラッシュのSHR脱毛は、「毛周期に関係なく効果的な脱毛ができる」「産毛にも効果を発揮できる」「色黒の肌でも安全に脱毛できる」「低温なので痛くない」という特徴がある脱毛方法です。

全身脱毛だけでなく、部分脱毛でも通えます。

特に産毛が気になる顔は、おでこや頬も施術範囲に入っている希少な脱毛サロンです。


<顔の産毛にも効果が落ちないストラッシュ!>
※メリットが盛り沢山です