SHR脱毛 効果 『SHR脱毛の効果がスゴイ』って評判ですが、ご存知でしょうか?
SHR脱毛の効果は医師などの医療関係者からの評価も高く、多くの有名人や芸能人が通っているので話題にもなっていますし、体験した方の口コミを見てもとても高評価です。
では、SHR脱毛の効果の何が具体的にすごいのか、SHR脱毛の効果で体感できるメリットをまとめました。これから全身脱毛を始めようとしている方はもちろん、以前通ってたけど挫折した方にとっても、脱毛サロンの選び方の参考になれば幸いです。

SHR脱毛なら毛周期に関係なく効果の高い施術ができる

SHR脱毛なら色素の薄い産毛や色黒の肌や日焼けした肌にも効果を発揮できる

SHR脱毛は従来方式より低温での施術なので痛くない

医療機関ではないサロンなんて出力が制限されたマシンしか使えないんだから、結局どこで脱毛したって効果は同じだと思っていました。
A社では効果があるけど、B社では全然効果がない、なんて事実は基本的にありません。
あるとすればエステティシャンの技術力の差であって、光脱毛自体に効果の差があるワケではありません。

ところが!

どうやらSHR脱毛は光脱毛ではあるものの、これまでのミュゼや脱毛ラボで採用されている「SSC方式」とも、銀座カラーやキレイモで採用されている「IPL方式」とも根本から違うようなのです。
となれば、SHR脱毛の効果がスゴイ!って言われる具体的な要因が気になります。

調べてみて分かったのは、「ルミクスツイン」という機種を使用するSHR脱毛とは最新理論に基づいた脱毛方式で、まさに次世代の方式の登場なんだそうです。
IPL方式やSSC方式と何がどう違うのかが気になりますが、SHR脱毛の効果をチェックする前に、まずはこれまでにたくさんの方が経験してきたであろう「IPL方式」「SSC方式」の効果の特徴をおさらいしておこうと思います。

「IPL方式」「SSC方式」と「SHR脱毛」の効果の比較

IPL方式 SSC方式 SHR脱毛 光脱毛で代表的な「IPL方式」や「SSC方式」では、『黒いものは光を吸収する』という特徴を利用した脱毛方法ですが、「SHR脱毛」は違います。
「IPL方式」や「SSC方式」では、毛周期の「成長期」にあたる(メラニンが存在する)ムダ毛の毛根に脱毛マシンの光を照射し、その光の熱でムダ毛の成長を阻害します。
「SHR脱毛」では毛根ではなく毛包という部分にアプローチして熱を蓄積することで、発毛因子が生まれてこないようにします。
例えば自分で毛を抜いてみた時に、毛根が黒くなっている毛や白くなっている毛があることに気付きます。
実は毛周期によって毛根の色には違いがあり、成長期の毛の毛根だけが黒くなっているんです。
つまり、黒い色素に脱毛効果を依存している「IPL方式」や「SSC方式」では、毛根が黒くなる成長期の毛にしか効果がないんです。
「IPL方式」や「SSC方式」が毛周期に合わせて施術する必要があるのはこのためで、3ヶ月に1回程度しか施術できないために通う期間は必然的に長くなります。
「SHR脱毛」は黒い色素には一切頼っていないので、成長期以外のムダ毛にも効果があります。
「SHR脱毛」は毛周期に合わせる必要もないので、短期間に効果を実感できます。
半年で6回完了するプランが「SHR脱毛」の人気コースです。

「IPL方式」や「SSC方式」は黒いものにしか効果を発揮できないので、色の薄い産毛には効果が薄いというデメリットがあると同時に、日焼けした肌や色黒の肌にもあまり効果が期待できないばかりかやけどのリスクが非常に高くなるというデメリットもあります。
一方の「SHR脱毛」は黒い色素の濃度に効果を左右されることもないので、色の薄い産毛にも効果を発揮できます。
「SHR脱毛」では肌が黒くても効果は期待できますし、火傷のリスクが高まるわけでもありません。

「IPL方式」や「SSC方式」のマシンの出力は低めに抑えられているので、クリニックのレーザー脱毛と比較すれば痛くはありませんが、それでもVIOなど敏感な部位では痛みを感じがちです。
痛みの正体は毛根にダメージを与えている熱なんですが、施術部位の毛根の温度は、レーザー脱毛で約200℃、IPL方式やSSC方式でも約80℃になります。
ですが「SHR脱毛」では約50℃と低温なので、感じる痛みはより小さくなります。


「医療脱毛」と「SHR脱毛」の効果の比較

医療脱毛では、エステサロンで使われている脱毛機よりも高出力での照射ができるレーザーで施術が行われます。
黒いメラニン色素を持つ毛根を高温の熱ダメージによって破壊し、ムダ毛がポロポロと抜ける効果があります。
黒い色素に依存しているのは、「IPL方式」や「SSC方式」と共通している仕組みで、産毛や色黒の肌には効果が発揮されにくいですし、色黒の肌への火傷のリスクは大きくなります。
医療脱毛での1回の施術はエステ脱毛の3回に相当するなど、エステサロンの光脱毛と比較して3倍の効果がある点はメリットと解釈できますが、こうしたデメリットもあります。
また、医療脱毛は高出力なので早く効果が実感できる、というのが一般的な考え方ですが、これには少しばかり語弊があります。
いくつかのクリニックの公式サイトをチェックすれば完了時期が明記されていますが、5回の施術の完了時期は15ヶ月後だったり24ヶ月後だったりします。
少ない回数で効果が実感できるのは確かですが、通う期間が短くなるわけではありません。
そして、医療脱毛では複数の脱毛機を導入しているクリニックが多いのも特徴です。
主な機種では「アレキサンドライト」「ライトシェアデュエット」「メディオスター NeXT PRO」「ジェントルYAG」「ソプラノアイスプラチナム」などがあります。
レーザーの波長の長さや照射できる範囲などに違いがあり、肌や毛の状態や部位によって使い分けられています。
レーザー脱毛は痛い、というのがこれまでの常識でしたが、最近では痛みを大幅に軽減した脱毛機も開発されています。
中でも注目なのは、毛根ではなくバルジ領域と呼ばれる部位に照射できるマシンです。
バルジ領域とは発毛因子が作られる場所で、発毛因子はやがて毛母細胞となりむだ毛に成長します。
つまり、バルジ領域にダメージを与えて発毛の原因を無くしてしまおうという考え方に基づいた機械で、それが「メディオスター NeXT PRO」や「ソプラノアイスプラチナム」で、アリシアクリニックやリゼクリニック、聖心美容クリニックなどの美容外科で導入されています。
この考え方は実は、「SHR脱毛」と同じです。
「医療脱毛」と「SHR脱毛」を比較するときには、共通点の多い機種での比較も視野に入れてはじめてフェアな比較ができると言えます。
例えば、脱毛効果を得るための理論は同じでも、費用は「SHR脱毛」の方が断然安いですし、完了までの期間も「SHR脱毛」の方が早いという現実があります。
そして、医療脱毛の施術時間は長い傾向にあります。
照射できる範囲が狭いレーザー脱毛機が多く、照射ヘッドの面積が小さいためです。
1回の施術で全身脱毛1回が完了するクリニックは、ほとんどありません。
医療脱毛の価格は高額ではありますが、クリニックごとに大きな開きもあります。
中には脱毛サロン並みの低価格に抑えた、安い医療脱毛もあります。
また、医療機関では永久脱毛ができますが、永久に毛が生えてこなくなるわけではありません。
ただ、医師や看護師が施術を担当するので、赤みやヒリヒリといった肌トラブルが起こった時にも迅速に対応してもらえます。
「SHR脱毛」を採用している脱毛サロンにもドクターサポートはありますが、安心感という面では医療脱毛の方が大きいといえます。


「ハイパースキン脱毛」と「SHR脱毛」の効果の比較

エステサロンでの脱毛方式といえば、「IPL方式」と「SSC方式」が圧倒的に多いですが、実は他にも脱毛方式があるのをご存知でしょうか。
そのひとつが「ハイパースキン脱毛」です。
「ハイパースキン脱毛」では、ハイパースキンカレンという機種を使いますが、その製造販売会社の株式会社カンナによれば、ハイパースキン脱毛は休止期の毛穴だけに効果を発揮する方法であると紹介されています。
毛乳頭を破壊する方法ではなく、バルジ領域から生まれる毛の種を消滅させ「毛を作りにくくする」方法で、効果を得るための考え方は「SHR脱毛」やレーザー脱毛機の「メディオスター NeXT PRO」と同じです。
ただ、「ハイパースキン脱毛」では休止期だけに作用しますが、「SHR脱毛」では毛周期を問わずに効果を発揮する点が大きな違いです。
ハイパースキン脱毛での全身脱毛はディオーネで受けられますが、費用がとても高いのが大きなネックです。
顔を含まない全身脱毛6回の料金は、21万円と非常に高額です。
「SHR脱毛」なら、最安値では69,000円と破格なサロンもありますが、相場は約10万円と「ハイパースキン脱毛」の半額です。


「SHR脱毛」の効果の特徴

SHR脱毛 説明 「SHR脱毛」の効果の最大の特徴は、『黒い色素も毛根も狙い撃ちにしない』という事です。
SHR脱毛がターゲットにして狙うのは、黒い色素でもなければ成長期の毛根でもなく、発毛因子が産出される毛包という部位です。
ちなみに、バルジ領域は毛包に含まれます。
熱を蓄積して発毛因子自体が生まれてこないようにしたり、発毛因子にダメージを与えて弱らせて効果を得ているんです。
SHR脱毛はその特徴から別名「蓄熱式脱毛」とも呼ばれています。


SHR脱毛はスピード脱毛でも効果が期待できる

SHR脱毛 通うペース SHR脱毛では黒いメラニン色素をターゲットにしていないので、毛周期に関係なく効果の高いお手入れができます。
従来の脱毛方式で毛周期に合わせる必要があるのは、「脱毛マシンが黒い色素にしか反応しない」「成長期の毛根しか黒くない」という2つの理由があるからです。
最近では半年で6回完了するスピード脱毛が人気ですが、従来の方式で施術間隔を短縮しただけではムダ打ちばかりが増えて効果は全く期待できないので注意が必要です。
SHR脱毛の効果は黒いメラニン色素に依存していないので、ムダ毛が成長期に移行する期間を待つ必要がありません。だから、SHR脱毛は毛周期を無視したスピード脱毛でも効果が期待できるんです。
これまでの脱毛サロンでは全身脱毛6回に18ヶ月ほど必要でしたが、SHR脱毛では通う間隔が最短で2週間に1度なのでわずか半年で完了するスピード脱毛が可能です。
次の夏にも間に合います。
全身脱毛1回に要する時間も約60分と時間短縮されていて、速いのも特徴です。


SHR脱毛は産毛にも効果を発揮できる

SHR脱毛は黒いメラニン色素をターゲットにしていないので、毛色の薄い産毛にだって効果を発揮できます。
従来の脱毛方式でツルスベになるまでに長い期間が必要だったのは、色味の薄い産毛への効果の薄さも影響しています。
脇や陰毛は太い濃い毛質なので効果を実感しやすいですが、全身脱毛では細い薄い柔らかい毛もお手入れの対象になります。
どんなに剛毛な女性だって、腕や足の毛も脇と同じくらい太くて濃いはずはありません。
ましてやお腹や背中なら尚更です。
SHR脱毛では発毛因子に働きかけるので、色素の薄いムダ毛にも効果を発揮できます。


SHR脱毛は色黒の肌や日焼けした肌にも効果を発揮できる

SHR脱毛では、黒いメラニン色素がターゲットになっていないからこそ、色黒の肌や日焼けした肌にも効果を発揮できます。
従来方式での脱毛を行っているサロンやクリニックのよくある質問や注意事項には大抵、色黒の肌や日焼けした肌について書かれています。
地黒だろうと日焼けだろうと、肌の黒さはメラニン色素が多い状態を表しています。
メラニン色素に反応する従来の脱毛方法では、光やレーザーが毛根に届く前に肌に反応して悪影響を与えてしまう恐れがあって危険です。
本来なら毛根に届くはずだった高温の熱が肌に反応しまえば、火傷を負ってしまいます。
色黒の方が施術を断られたり、日焼けを注意されるのは、脱毛の施術による火傷の可能性を避けるためです。
黒い肌が原因で施術を断られた経験がある女性も、SHR脱毛なら施術を受けられます。
火傷のリスクがゼロというワケではありませんが、SHR脱毛なら低リスクに違いはありません。
自己処理するしかお手入れの方法がなかった色黒の女性も、SHR脱毛ならプロのエステティシャンに満足度の高いお手入れをしてもらえます。
ちなみに、ほくろに保護シールを貼ったり照射を避けるのも同じ理由からです。


SHR脱毛は痛くない

SHR脱毛は痛くないのも大きな特徴です。
SHR脱毛の口コミや体験談でも「温かい」「気持ちいい」という感想が目立ちます。そうはいっても、口コミはしょせん主観なので感じ方は人それぞれで個人差があります。
どの脱毛サロンでもホームページには「痛くない」と書いてあるものですが、なぜ痛くないのかという理由までは絶対に書いてありません。
敏感肌などで痛くない脱毛を本気で探している女性には、重大な問題です。
ところで、脱毛の施術でなぜ痛みを感じるかご存知でしょうか。
実は痛みの正体は、毛根が受けている高熱です。
レーザー脱毛では約200℃、光脱毛でも約80℃です。
レーザー脱毛の方が痛いのは、温度が高いからです。
ですがSHR脱毛の温度は約50℃と低温です。
SHR脱毛が痛くないのは、IPL方式やSSC方式よりも温度が低いからという客観的な理由があります。
更にSHR脱毛では1度に大きな出力で照射するのではなく、4段階に分けて連続照射します。
その結果施術部位の温度はゆるやかにしか上昇しないので、「温かい」「気持ちいい」と感じる程度なんです。
痛みに耐えながら施術を受けるのは、苦痛以外の何物でもありません。
痛みが心配な方にSHR脱毛がおすすめなのはこういった理由からです。


SHR脱毛はVIO脱毛にも効果が高い

SHR脱毛ならVIO脱毛に関するありがちな問題をクリアできます。
これまでに見たきたようにSHR脱毛は、「産毛にも効果がある」「色黒の肌にも効果的」「痛くない」という特徴があります。
陰毛と一言でいっても部位によって毛質には違いがあります。
いわゆるアンダーヘアは脇と同様に太く濃い毛質でしかもしつこいですが、女性器に沿ったIラインや肛門周りのOラインといった陰部は産毛寄りの方が多いですし、デリケートゾーンは色素沈着で黒ずみが気になる部位です。
また、皮膚が薄く骨に近いので、痛みを感じやすい部位でもあります。
SHR方式によるVIO脱毛なら、産毛にも色素沈着にも効果がありますし低刺激で痛くない快適で効果的な施術が受けられます。
VIO脱毛はデリケートゾーンの衛生の向上にもつながります。
生理の時のニオイや不快感がなくなって、清潔感が保たれます。
日本でもVIO脱毛は当たり前になってきています。


SHR脱毛は顔脱毛にも効果が高い

SHR脱毛こそ顔脱毛に最適な脱毛方式です。
おでこや頬など顔全体が施術範囲に含まれていますし、産毛にも効果を発揮できるからです。
また、顔脱毛で心配なのが肌トラブルで、特に火傷の可能性は心配の種です。
SHR脱毛なら徐々に温めていく蓄熱式なので、一度に大きなエネルギーを照射する方式よりも安全性は高いと言えます。
顔の産毛がなくなると見た目の印象が明るくなるだけでなく、化粧ノリが良くなって化粧崩れもしにくくなる効果もあります。
更に、顔の産毛がなくなって毛穴が引き締まると、メイク汚れが毛穴に入り込まなくなるので、シミやくすみのような黒ずみも解消できて気にならなくなります。
フェイシャルケア怠らないモテ美肌を目指す女子にとって、顔のお手入れは欠かせません。


SHR脱毛は大手サロンよりリーズナブル

SHR脱毛は大手サロンよりもリーズナブルな料金がおすすめポイントでもあります。全身脱毛で人気の脱毛ラボやキレイモの全身脱毛6回パックを金額で比較してみます。
パックプランの場合、脱毛ラボではシェービング代は有料ですが、ストラッシュとキレイモならシェービング代は無料です。

SHR脱毛の料金の比較
サロン名ストラッシュ脱毛ラボキレイモ
回数666
料金95,760円109,760円114,000円
施術範囲顔全体・VIO込顔・VIO込顔全体・VIO込
通う期間半年半年12ヶ月
通い方最短2週間から1ヶ月に1度最短2週間から1ヶ月に1度2ヶ月に1度

従来の脱毛方式で効果ないと感じていた方や、希望が叶う脱毛サロンが見つからなかった方でも、SHR脱毛なら効果を期待できます。
SHR脱毛の取扱サロンはほとんど関東にしかないので、全国的な知名度は低く今はまだ主流ではありませんが、中には全国展開を進めているサロンもあります。
今後もっと広がって今よりも認知度があがっていくと予想されます。
お住まいの地域に今はなかったとしても、今後通える日が来るかもしれませんね。
今後の新規出店にも注目です。


SHR脱毛はどこのサロンでやってる?

現在SHR脱毛を採用しているサロンは、ストラッシュ(STLASSH)、ラココ(La coco)、アイセルです。
私が一番オススメするのは、ストラッシュ(STLASSH)です。SHR脱毛に興味のある方は一度、無料カウンセリングに出かけてみてはどうでしょうか。思いがけないキャンペーンが開催されていたりします。

ストラッシュ

ストラッシュ(STLASSH) ストラッシュでは衛生管理が徹底されていて、徹底消毒された備品しか使いませんし、ベッドカバーも使い捨てです。タオルやガウンは品質にもこだわり、コットンだって100%オーガニックです。
施術室はカーテンではなく、壁とドアで区切られた完全個室なうえに、パウダールームまで完全個室なのでプライベート空間が確保されています。
全身脱毛はパックプランでも月額制でも通えますし、都度払いでも通える非常に珍しい脱毛サロンでもあります。
小鼻や眉間まで脱毛できるメニューがあるのも、ストラッシュの大きな特徴です。
数多くのモデルさんやタレントさんが通っていて、インスタグラムやツイッターで来店情報が確認できます。
期間も回数も無制限の通い放題も人気があります。高速での施術ができるので、全身脱毛1回はたったの60分しかかかりません。
現在は東京だけでなく、大阪・福岡・名古屋など全国への出店が相次いでいて、新店舗が次々にオープンしています。

>>> ストラッシュの公式サイトはこちら

ラココ(La coco)

ラココ ラココでは施術時間が最速20分という大きな特徴があります。
1人ではなく複数のエステティシャンが同時に施術するので、どこよりも早い施術が受けられます。
また、大都市圏以外の富山県や中四国地方にも出店しているのも特徴です。
最近では、「高松」「福山」「岡山」「松山」「徳島」「姫路」「愛知」「広島」に出店しています。
全身脱毛5回の料金が69,000円と激安で、2017年7月現在では最安値です。
更に、「顔・VIOなし」なら49,000円という驚きの安さです。

>>> ラココの公式サイトはこちら


アイセル(icell)

アイセル(iCELL)の店舗は新宿に1店舗のみですが、ストラッシュやラココにはない初回お試しプランがあります。
SHR脱毛は周りに経験者も少なく生の声を直接聞くのが難しいので、お試しプランで実際に経験できるのはありがたい限りです。
両腕全部または両脚全部に施術を行い、SHR脱毛の効果を体感できるプランで、1回3,240円です。
更に、アイセルには集中プランが設けられています。
1ヶ月に2回通えるプランなので、最短では3ヶ月で全身脱毛6回が完了します。
ただ、保証期間が5ヶ月になっているので、1ヶ月に必ず2回通える保証がされているとは限りません。

>>> アイセルの公式サイトはこちら


ストラッシュ・ラココ・アイセルの比較


ストラッシュ・ラココ・アイセルの比較
ストラッシュラココアイセル
施術範囲顔全体・VIO込顔全体・VIO込顔全体・VIO込
回数と料金6回/95,760円5回/69,000円6回/96,000円
店舗数10281
通う期間半年半年半年
通い方最短2週間から1ヶ月に1度最短2週間から1ヶ月に1度1ヶ月に1度