IPL方式 SHR方式 脱毛サロンを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?サロンの知名度?値段?キャンペーンの内容?自宅や職場に近いかどうか?もちろん、こうした条件はサロンを選ぶときに欠かせません。しかし一番大切なのは、サロンが使用している脱毛機器です。「サロンの脱毛機器なんて、どれも同じでしょ」なんて思っていませんか?実は、使用する脱毛機器によって、効果に違いが出てくるのです。それぞれの脱毛方式にメリットとデメリットがあるので、比較して自分に合った脱毛機器を使っているサロンを選ぶと良いでしょう。そこで、多くのサロンで採用しているIPL方式と、最新のSHR方式の2種類の脱毛方式を比較してみましょう。

IPL方式脱毛のIPLとは、インテンス・パルス・ライト(Intense Pulsed Light)の略です。ほとんどのサロンで使用している光脱毛器(フラッシュ脱毛器)と同じで、特殊な光を照射して脱毛します。光をあててメラニン色素に反応させて熱を発生することで脱毛を行います。比較的費用が安く、施術時間が短いので多くのサロンで採用されています。

IPL方式のデメリットは、成長期の毛だけに有効なので、毛周期に合わせて脱毛する必要があり、2~3ヶ月に1回しか施術できません。ですから脱毛期間は必然的に長くなります。全身を脱毛するには2~3年はかかるでしょう。高温になるので、施術の際に痛みを感じる人もいます。人によっては、ストレスに感じるくらいの痛みを感じることもあります。さらに、メラニン色素に反応するので、施術期間中は日焼けすることができません。また、色が薄い産毛に効果が出にくいというデメリットもあります。

SHR方式脱毛のSHRとは、スーパー・ヘア・リムーバル(Super Hair Removal)の略です。これは最新の脱毛機器で、SHR方式脱毛器から照射される光は非常に弱く、毛包にためていく蓄熱式です。毛包に働きかけるので毛が再生しにくくなります。さらに、IPL方式と違い成長期の毛だけでなく、後退期の毛も脱毛できます。ですから、毛周期に左右されることなく、パーツによっては最短で半年ほどで脱毛が完了します。

1回の施術時間も短く、ワキなら1分程度で施術できますし、全身脱毛でも30分ほどで施術できます。肌トラブルがほとんどなく、痛みもありません。メラニン色素に働きかけるわけではないので、産毛でも脱毛できますし、施術中に日焼けすることもできます。ただし、SHR方式は最新の脱毛機器なので、採用しているサロンはまだまだ少ないというデメリットがあります。